スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
mixiニュースより…
僕の周りには、ほとんどmixiをやっているので、知ってるとおもいますが、少しでも多くの人に今回の災害で、起きている現実を知ってもらいたいので転記しました。



津波で壊滅的な被害を受けた岩手県宮古市田老で14日、倒壊した家屋の中から祖母と孫で3歳の男の子の遺体が発見された。現地入りした記者は、その様子を見ていた。祖母は孫をしっかりと抱きしめたまま亡くなっており、最後まで孫を守り抜こうとしていた。

 倒壊した家屋は津波に押し流され、元の場所から数百メートル離れた場所で見つかった。線路が上にあった。家族や親類らは午前中から、がれきの撤去を始めたという。ブルドーザーや手作業で柱などを一つ一つ取り除いていった。電動ノコギリを使って、流れついた街路樹なども切った。

 2人が発見されたのは午後2時を過ぎてからだった。折り重なるように倒れており、祖母が孫を両手で抱きかかえていた。

 その瞬間、撤去作業の様子を食い入るように見つめていた20代の男児の母親はその場に崩れ落ち、家族や親類らと抱き合って号泣し続けた。

 母親は「おばあちゃんは私が仕事の時、いつも息子の面倒を見てくれていた。2人が一緒に見つかって本当に良かった」と涙をぬぐい「でもやっぱり死に顔は見られなかった。まだ生きていると信じている自分がいるから」と声を詰まらせた。【西嶋正法】



この、文章を読んだ時、余りにも悲しい現実で涙がでて来ました。


自分達も、共働きの為、保育園のお迎えはお婆ちゃんがしてくれます。


エイトもお婆ちゃん子で、被災に遭われた方と同じ環境にいます。


なんて、言ったらいいかわかりませんがほんと、辛いです。



この内容は今回の極一部だと、知ってても悲しすぎます。



支離滅裂で申し訳有りません。



今回被災に会われた方々のご冥福をお祈り致します。

スポンサーサイト
[2011/03/15 15:58] | 未分類 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。